ぼくはいま証明の過程にいる

 

証明(しょうめい)とは、ある事柄真理もしくは事実であることを明らかにすること。また、その内容

Wikipediaより

 

 

ぼくはいま証明の過程にいる。

どんな証明の過程にいるかというと、

”就職をせずにスキルも経験もない状態から自分で仕事を作りながら生きていくことは可能か?”

という問いに対する証明だ。

 

”高校中退から大学に飛び級で合格することは可能か?”

という問いに対する証明は完了した。

 

だから次は、みんな就職就職と言い、就職するために大学に行く人がいまだに多い中で、自分で仕事を作り生きていくことは可能だということを証明する。

(ぼくも就職はすると思うけど。変わった形で。)

 

あれだ、ぼくは定跡を覆すのが好きらしい。

 

そしてこの証明の過程を全部リアルタイムで公開する。

世の中には、「こういう風な条件下で、こういうことをして、こうなりました!」というビジネス本がたくさんある。

自分が成功したあとに、本として、自分の生き方を語る。

 

ぼくは、その成功の過程から公開していく。

なぜなら、自分がビジネス本を読んでいて、結果と結果からの考察よりも過程の方が知りたかったからだ。

人生というのは、映画のような壮大な物語だ。

多くの人は人生映画が好きなのであって、証明の結果を記した報告書が好きなのではない。

 

だからぼくの成長の物語をいまから記していこうと思う。

きっと本を出す時になったら、いまのこの過程を生きているときの気持ちを完全に書き記すことはできないから。

 

成長途中で、まだ過程を生きているだけのくせにちょいちょい上から目線で偉そうなことも言うがそこは大目にみてほしい。

伝えるためには少々強く表現する必要があるから。

書面ならばなおさら。

 

いまぼくは人生という証明の過程において、2回目の大きな証明を解く過程にいる。

 

このブログではその証明の過程を書き記す。

それによって、誰かに気づきを届けられたら嬉しい。

こんなやり方もあることを知ってほしい。

視野を、価値観を、選択肢を広げてほしい。

 

 

この世のすべては思い込みだ。

だったら都合よく思い込みをしよう。

 

ぼくらはなんだってできる。