いまのぼくにできること

いまのぼくにできること。

それは、ぼくの活動を伝えて誰かの選択肢を広げること。

 

「高校を中退して、留学して日本一周して世界を放浪。そして大学に飛び級。」

こんな生き方があって、それはとても素晴らしいということを伝える。

 

それがぼくにできること。

(まぁ他にもたくさんあるし、色々活動してるけど。)

 

大人が引いてくれたレールを踏み外して、自分でレールを作っているぼくがみんなに対して与えられるもの。

選択肢が増えることで、救われる人が居る。

 

「こんな生き方もいいんだ。」

そう思ってもらいたい。

別に行動してほしいわけではない。

 

ただ、可能性にワクワクしてほしい。

世界は広くて、悲しいほどに美しいことを知ってほしい。

 

そして、選択肢が広がって、世界を俯瞰して見たときに、この世界のあり方に疑問を抱ける人を増やしたい。

くだらない争いや環境破壊を、自分ごとで考えられる人、美しくないと思える人を増やす。

 

それがぼくの人生の目標である「大量消費の世界を終わらせる」ことに繋がるから。

ただ、それだけ。

 

だからぼくにできることは
「カッコいい背中を見せること」

 

一番いいのは背中で語ることだと思っている。

「行動しろ」なんてどれだけ言っても変わらない人は変わらない。
そもそも、わざわざその人を変える必要はない。

 

ただ、カッコいい背中を見せればいい。

自分が見せればいい。

行動した先には素晴らしい未来があることを。

 

「オレの背中を見ろ」

この一言で、全てを説明できる男でありたい。

最近、ぼくの行動を見て、旅をしたいと思って実際に、旅に出る子が現れた。

 

とっても嬉しい。

それで改めて思った。

ぼくが行動することで、それが誰かのためになるのなら、行動し続ける。

 

「知っている」と「知らない」の間にはとても大きな差がある。

だからぼくは、ぼくの生き方を知ってもらって、選択肢を広げてほしい。

 

ワクワクしてほしい。

それだけ。