高校中退してから大学に合格した道筋を詳しく説明します【前編】

こんにちは、とっくんです。

 

今回はぼくが高校を辞めてから大学に合格したまでの道のりを詳しく書いていきます。

(高校辞めてさらなるチャレンジをしたい人は必見!)

これから同じ道を辿ろうとする人の役に立てばいいな。

 

どうして高校辞めようと思ったのかはこの記事に詳しく書いているので興味があったら見てください。

16歳の春、ぼくは高校を辞めた。

2017.07.03

高校を辞める前にやったこと

まず、ぼくの最初に考えた計画と最終的にぼくが選んだ選択は、まったく違います。

 

高卒認定資格、TOEFLの基準点を取って海外の大学に飛び級進学する

これが、最初に考えた計画です。

 

それが結果としては

高卒認定資格をとって、日本の大学に進学しました

 

学年的には高3なので一応飛び級なんだけど、微妙。

 

辞めるための事前準備

まず、事前準備ってわけでもないんだけど、ぼくは高校1年生のときに、高校分の勉強は一通り終わらせておきました(これは学校を辞めようと思う前のこと)。

 

なんか知識欲が溢れ出しちゃって。

 

終わらせるっていうのは、一通りの内容を把握して理解をするってこと。

別にテストで満点とれるレベルに落とし込んだわけではなくて、流れを知っただけ。

 

あと本もたくさん読んで見分を広げていました。

(ここで色んな知識が身について、学校を辞めたいと思い始めた)

 

ーーーここから、辞めるって決めてからの準備ーーー

海外大学への進学はちゃんと支援してくれる場所があるんです。

JISS留学センターというところで高認留学コースがあって、しっかり支援してもらえます。

 

最終的には選ばなかったんだけど、このシステムはほんと最高。

だって15歳とか16歳で海外大学に進学できるんだから。

 

しかも、高卒認定を取って、TOEFLで求められる点数を取るだけ。正規じゃなくて、留学生としての入学になるから、天才的な頭脳がなくても、地道に勉強すれば確実に飛び級ができる。

高校の勉強が物足りない人や、日本の教育に違和感を持った人はこのシステム活用しまくればいい。

自分が選ばなかったから偉そうには言えないんだけど(笑)

 

それで、JISS留学センターに話を聴きに行ったり、親にプレゼンしたり。

これが辞める一か月前。

 

学校に辞める旨を報告

それで担任の先生に「高校辞めまーす」と伝えたら、

「いきなり何言ってんだぁ、まずちゃんと理由を説明しろ。話はそれからだ。」と言われました。先生も、そんな怒鳴らなくていいのに〜。

 

それでさらなるチャレンジをしたいこと、大学入学までの道筋、どの大学のどの学科に行くのか、どうしてこの方法を選ぶのか、10年間分の計画を語りました(いまではその計画とまったく違うことしてる)。

そして「そこまで明確にやりたいことがあるのなら、チャレンジしてこい。」と、快く送り出してもらえました。

 

やっぱり人を味方につけるのは大事。

そのあと、急いで辞めることはないだろう、ということで一か月は学校に残ることに。

1ヶ月は、生徒会の仕事を終わらせたり、仲良かった先生と話し込んだり、遊びまくったりしました。

ここで1ヶ月、全力ではっちゃけたのは楽しかった。

 

そして

いよいよ辞める!

ってなったときにやっと、クラスメイトに「今日で学校辞めまーす」と宣言

 

「来週カラオケ行くって言ってたけどやっぱ辞めまーす」てきなノリで(笑)

うん、気持ちよかった。

 

人を呆気にとるというのは中々な快感だ。

 

高校辞めました。

2016年の5月31日のことでした。

 

ーーここまでが高校を辞めるまでのことーー

 

英語を使えるようにならなければと思い、語学留学に行く

海外の大学に進学するとなったときに、必要なのが英語です。

英語圏じゃなくても、やっぱり英語は使います。世界の文献も英語ベースがほとんどだし。

 

ぼくはニュージーランドの大学に進学→オーストラリアの大学に編入という形で行く予定だったので、英語必須でした。

 

受験にはTOEFLという試験の点数を使うのですが、ぼくがはじめて過去問をやったときには、大学の掲げている最低スコアの半分以下という散々な結果になりました(笑)

これはやばいと思い、まず英語に慣れようとしてフィリピンに留学することを決めました。

 

なぜフィリピンか?

それは安いし面白そうだったから、以上。

 

そのとき丁度フィリピン留学が話題になってたから、ほんと興味本位です。一か月、食費と宿泊費込みで25万円で、アメリカとかに比べると断然安いし。

 

高校辞めた翌月から、ひとまず一か月だけフィリピンに行きました。

フィリピン留学中のことは今度詳しく記事にするんですが、簡単に言うとぼくの英語力は倍くらいになって、一か月で帰国しました。ただ、東南アジアだとよくある体調の不具合もではじめ、勉強環境にも不満があったりで一ヶ月が限界でした。

 

そして帰国後すぐに日本一周の旅に出発します。

 

日本のことを知りたくなって日本一周をする

留学をしたことのある方ならわかると思うのですが、留学中に自分の国のことを話す機会が必ずあります。

そこで、ぼくを含め、皆さんが思うはずです。

 

あれ、自分は日本人なのに日本のことあんま知らなくね?と。

 

ほんとによく知らないんですよ。

どうしてひな祭りをするかとか、歴史のこと、文化のこと。

一度、自分の国を離れてみると面白いほどに、自分が無知であること知ることができる。

 

海外で暮らすことになるならその前に日本のことをもっともっと知っておこうと思い立ち、日本一周の旅に出ました。

 

この旅が、これから先の計画を大きく変更するきっかけになりました。

 

まだ、長くなってしまいそうなのでこの後のことは別の記事に↓

高校中退してから大学に合格した道筋を詳しく説明します【後編】

2017.07.11