ぼくが17歳で日本一周したときの準備【まとめ】

こんにちは、とっくんです。

 

ぼくは16歳のときに高校を中退してから、語学留学をしました。

そして帰国後、17歳のときに3か月かけて日本一周の旅をしました(時期は夏から秋)。

 

未成年で一人旅をするという経験はとても稀なことだと思います。

だから情報も少ない。

なので、これからぼくみたいに若くして一人旅をしようとしている人のためにぼくの日本一周体験を書いていこうと思います。

 

まずは日本一周準備から。

ちなみにぼくが日本一周したのはただただ日本のことを知りたかったから。

 

お金を準備する

未成年、リゾートバイト等の短期アルバイトはできないところが多いです。

だから旅をしながら資金稼ぎはフリーランス等で仕事をするしかない。

悲しい現実。

でもこれは面白くないからぼくが未成年でも旅をしやすい仕組みを作っていけたらいいな。ぼくがしなくても勝手にできていくと思うが。

 

じゃあお金をどうやって手に入れるかというと

・親に投資してもらう

・自分で旅に出る前にアルバイト

・メルカリでなんか売る

・自転車やリュックのメーカーに協賛してもらう

・クラウドファンディングで集める

・お金を持たずに行く

くらいですかね。

 

ぼくの場合は亡き母がぼくのために貯金してくれていたお金があったので、それをありがたく使うことにしました(若いうちのお金は自分の成長のために使わないと)。

 

一応日本一周するのにどのくらいのお金を使ったかは下記↓にまとめておきました。

17歳が気まぐれに日本一周をしてかかった費用【まとめ】

2017.06.20
お金がなくても0円でも、日本一周はできますよ。してた人を数人知っています。

 

銀行口座を準備する

お金を全部キャッシュで持って旅をするのは精神的にも、安全面でもしんどいです。

なので、ネットバンクを最低でも1つ作っておくことをおすすめします。

 

そして未成年が旅をするときに必須なのがデビットカード

 

悲しいことに18歳未満はクレジットカードを作ることができません。

それでも16歳以上であればデビットカードを作ることができます!

ネットバンクを開設したら貰えるので、銀行口座とデビットカードは準備しておきましょう。

 

日本一周でおすすめのデビットカードは楽天デビットです!

そして楽天トラベルで楽天デビットを使って宿をとると結構なポイントが貯まります(日本一周を終えたときには宿に6回は泊まれるくらい貯まってた)。

野宿をしない派にはこのやり方がおすすめ。

 

交通手段を決める

次にどうやって日本一周するかを決めます。

選択肢はたくさんあります。

・徒歩

・自転車

・バイク

・車

・電車

・バス

・ヒッチハイク

・一輪車

・竹馬

etc……

意味わかんない方法で日本一周する人もいます(馬とか)。

 

多いのは、自転車とバイクですかね。

一番お金がかからないのは自転車かな。

 

ぼくの場合はというと、歩いたり、バス乗ったり、電車乗ったり、ヒッチハイクしたり、飛行機使ったり、船も使ったし。なんでも使いましたね。基本歩き。

手段とかどーでもいーってかんじでした(笑)

 

なにでするかは自転車が好きとか金銭面とか、やりたいことで決めればいいと思います。

17歳が気まぐれに日本一周をしてかかった費用【まとめ】

2017.06.20

 

荷物を準備する

 

交通手段を決めたら、次は荷物です。

 

荷物は、野宿と自炊をするかしないかで変わります。

ぼくは自炊はしなかったのでだいぶ少ない荷物で済みました。

・ノースフェイス30lリュック

・麦わら帽子

・ASUSのchromebook

・Ankerのモバイルバッテリー

・USBメモリ

・ヘッドフォン(マイク付き)

・ライト

・本数冊

・ノート4冊

・リセッシュ

・折り畳みハンガー

・服類 Tシャツ2枚、ズボン3枚、シャツ2枚、セーター1枚、ダウン1枚、マウンテンパーカー1枚、靴下3足、下着3枚(途中購入有り)

・手ぬぐい

・文房具類

・洗面用具

・現金

・デビットカード2枚

・保険証(身分を証明できるもの)

・SHOES LIKE POTTERYのスニーカー

 

これくらい。

最初は寝袋持ってたんだけど、いらないかな~ってことで、ゲストハウスに寄付しました(そのあとも何回か野宿したけど)。

服も、寒くなってきた時期にダウンとか追加購入しました。靴もかえたし。

日本だと、どんな場所でも大抵のものは手に入るので、今日着る服とお金さえあれば大丈夫。

 

SNSで日本一周することを言いふらす

 

旅をするときにSNSでそのことを伝えておいた方がいいです。

なぜなら泊めてくれる人が現れるから。そして、面白いことをしていれば仕事にもつながるから

 

そうやって自分の行動を周囲と共有することを嫌う人もいるかもしれません。

ぼくもそんなに好きではない。

 

嫌ならそれでいいけど、周囲に知ってもらった方が確実に可能性が広がります

ぼくも実際ツイッターで知り合った方の家に泊めてもらいました。旅中に知り合った方とはフェイスブックでいまだに連絡をとっているし、近くに寄ったら会ったりする。

 

せっかく世界中の人とつながれる素晴らしい時代に生きているんだから、それをフル活用した方が面白いじゃないですか。

 

ありがとうを伝える

 

可愛い子には旅をさせろとは言うものの、心配なのが親心です。

もしご両親がいるのなら、ちゃんと「感謝の気持ち」と「いってきます」くらいは言って旅にでましょう(運が悪いと死ぬから)。

 

以上!

あとは気ままにレッツゴー。

ぼくの旅のはじまりはアスパラ農園だった【北海道編】

2017.06.21