人生がゲームみたいになってきた?【北海道編】

美瑛を後にして向かった富良野では、お目当てだったラベンダー畑はすでに花が終わっていました。。。

人生ではじめて野宿をした日、ぼくはこの身で大自然を感じた【北海道編】

2017.06.22

 

そのかわりに、北竜町ではひまわりが満開で、とてもきれいでした。

ひまわり畑には白いワンピースに麦わら帽子の女性が似合う。

 

そして、ゆっくりと最北端の地、稚内の宗谷岬へ。

 

最北端の地。

なんか、ポケモンを思い出した。

 

「色んなところ周ったな~、こんな記念碑ありそ~」って。

 

ぼくはいま、昔ゲームの中でした体験をリアルな世界でやっているんだ」と思うともうワクワクが止まらなくって。

 

頭の中にポケモンのBGMが流れていた。

 

人生をゲームみたいに過ごせたらめっちゃ面白いじゃん!

そう思った。

 

なんでゲームにハマるかって、そりゃ楽しいから。

だったらゲームみたいに最高にワクワクな毎日を送れたらいいよね。

 

人生にはゲームみたいに確定要素が少ないし、初期スペックは自分で選べない。

与えられた使命もなければ、一度死んだら生き返ることもできない。

 

人生なんてクソゲーだ。

 

そう思うときもあるけど、人生の方が可能性は無限大だし、敗北すらも経験値にできる。確かにポケモンは居ないけど、ぼくは人生の方が好きだ。

 

 

 

たまたま旭川で出会ったこの本にいいことが書いてあったので紹介したい!

 

定価5500円のテレビゲームに、面白さで負ける人生を送って、どうする!

 

そのとおり!!

 

ちょっと話がそれるけど、

「最近こどもがゲームばかりしていて辞めさせたいんです。」っていう悩みを聞いたことがって。

そういう親御さんは、だいたい自分自身が毎日を楽しく過ごせていないんだよなーと思う。

 

こどもがゲームばかりするのは、ゲームが一番楽しいから。

すごい単純な理由。

その子にとってはゲームが一番楽しいからゲームをする。

 

他に楽しいことを知らないからゲームをするんだ。

だって勉強がゲームより楽しかったら、勉強するでしょ?

 

 

ゲームを辞めさせるんじゃなくて、ゲームよりも楽しい世界があることを教えてあげることが大切なんじゃないのかなって。

親御さんも、こどものためを思ってゲームをするなって言ってるのはわかる。

 

でも、親が毎日めっちゃ楽しんでる姿を見てたら、こどもはしぜんと毎日を楽しむようになると思う。

親の仕事にも興味を持つだろうし、はやく大人になりたいと思って、勉強しだすかもしれない。

 

ゲームもいいけど、こっちの方がちょー楽しいぜ?

って言えるといいんだよね。

 

そのためには自分が人生であったり、仕事や趣味を楽しむ必要がある。

まずは自分が楽しむ。

 

すべてはそこから始まる。

 

Life is a gameって言葉があるように、人生はゲームみたいなノリでワクワク過ごす方が楽しい。

常識を疑うクセは旅によって身につく【北海道編】

2017.06.28